merry christmas

f0219525_149894.jpg

f0219525_149841.jpg



今年のクリスマスはホカホカ。
詐欺師業のパーティーもやれて(去年は引越しでできなかった)
自分たちのパーティーもやれました。
よかった。

夫からはチョー格好良いワンピース(チョーミニ)レギンスで着るだけで変身できました。
長女からはBeamsの小さいハンドバッグ。(この前二人で見て良いな・・・・・とつぶやいていたのを覚えてくれてバイト代から買ってくれました。
次女からはSLYのイヤリング。(これまた格好良いいいいいいいい)
本当にみんな心から私を愛してくれているんだなァと思いました。
ものをもらったからではなく、それらを買うときの彼らの思いがうかがえたので。

昨日は東京の友人たちが来てくれました。
ターキー、Beef、Porkを焼いて、その他野菜を準備して食べ物を並べるとこれまでで一番成功したような。
50歳にもなりゃね、こんなことくらい出来ないと。
もう先輩ママの地位を獲得しているんだもの(辛い・笑)
4家族14人が集まりました。
夫婦できてくれるだけでホットするのは周りに離婚カップルが多いからでしょうか。



24日のイブには小さいケーキを買って子どもたちとOTOさんの病院を訪れました。
ケーキを見た彼は「今日は何の日?」と聞きます。
「クリスマスだよ」
「何の日?」
「クリスマス」
「・・・・・・・・・・・・・」
「ほら!」ケーキに書いてある文字を見せようとしたら Merry X-ma」と書いてある。
「・・・・・・・・・・・」
OTOには意味のない日だった。
それでも談話のできる空間で子どもたちとケーキが食べれたので嬉しそうにしていた。
病院を出ると子どもたちが「年を取りたくない」と言う、それもそうだろう。
この病院にはほとんど動けない人かまったっく動けない人が多い。
OTOさんのように自分でご飯が食べれて、談話室まで歩ける人はほって置かれる、他の人たちの面倒が大変だからだと思う。
でもOTOさんは少しの自由が得られた分、ホットしている。
しかも看護センターの前の空間でケーキを食べても何も言われない。
ありがたい。
[PR]
by sillycon76 | 2011-12-26 14:09 | Comments(0)

何かとツマラナイものに執着をしてしまうBlog中毒者


by sillycon76