現状維持

家族の誰一人目立って多く食べているという感覚はないのたが、夫の腹が育ち続けている。
冷蔵庫を開けても夫の食べ物なんてない。
夜も遅い日は家では食べない。
だからと言って朝しっかり食べるタイプでもない。
とにかく食べ物にはうるさくない。
与えられたものを黙々食べてくれるタイプだ。
そんな彼のところが好きだから(気が楽だから)他の短所を全部許せられるのかも。
男のおおらかさだと思っているのだ。
ご自分で料理もしないのに一々文句言われても腹が立つだけだと思うので。
夫にはそんなところがない、一番良い長所を持っている。
そんな彼がどこで食べているのか?
何をそんなに食べているのか?
お腹が出る、出る、出ている!!
もうご自分を省み、残りの人生を美しく生きよう!!と思っていないらしい。
どうでも良いようになっちゃったのかなァ?
口からはできなくしている私の何気ない配慮も効果がない。
どうしたら良いんだろうと、運動靴をプレゼントした。
「今年はやせよう」と言ってしまった。
「Kimはどうなの??」と私を引っ掛ける。
私はせめて現状維持はしているつもり。
これからも現役で働くために今日、この瞬間から老いてはいけないKimであるのに。
ご自分は・・・・・・・
[PR]
by sillycon76 | 2012-01-10 13:21 | Comments(0)

何かとツマラナイものに執着をしてしまうBlog中毒者


by sillycon76