読まれている

このBlog、お医者さんたちに読まれているような気がする(笑)
これまで何度となくここでつぶやいたものが現実に反映されるような気のする体験をした。
特にOTOさんのことで。
もしそうでしたらすみませんOTOさん。
私のつまらない行為があなたの命をもてあそんだ形となったならスミマセン。
もしお医者さんが私のつまらない文面に迷わされOTOさんの治療方針を変えることにしたなら、もうそうしないでください。
私のつぶやきは私が支払うべきもので、OTOさんの治療に左右されではいけないと思います。

お医者さんたちはすごい。
医学はすごい。
近代医学の進歩はもう神の存在を超えたかのように著しいものだ。
神は自然を持って対決しているが、医学はそれに対決しているかのように・・・・(Kimの持論なので・・・・スミマセン)
今回OTOさんのことをそばで見ながら私自身献血をしなきゃ・・・、臓器提供をしなきゃ・・・と思っている。
もう死後のことは信じなくなった。
私の思いの中でしか存在しない死後は。
だから私が死んだ後、私の体の他の部位が使えるものである場合は使ってもらいたいと思っている。
それは医学のすごさを信じるようになったから。
だからどうかお医者先生、私のBlogに左右されないでください。

今は週一でしかお見舞いに行かれない。
15分距離にあった病院と、40分距離にある病院とはやはり・・・・・
往復2時間以上を必要とすることは今の私の生活ではきつい。
OTOさんのための2時間を使ったことがない、何かのついでにしか訪れない病院。
だから食べ物も用意できなく、コンビニーのから揚げしか買わない。
それを美味しく食べてくれると、その動物的な食欲が嫌で彼の食べるのをみないようにする。
本当に心にないやり方をしている私である。
そんな私に対して「おれのことは心配するな、ここに来ないで一生懸命に働いて家のローンを返すようにしないと、おれ何とか頑張るから」などと言ってくれる。
OTOさんは本当に頑張っている。
体があれだけ弱っているのに精神を保たれているのがすごい。
しっかりしゃべて、受け答えする。
OTOさんの後があまりないとは思えない。
もしかしてもっとしっかりしたものが食べれたらよくなるかもしれない。
「子どもたち連れてこないで!おれ痩せたこの姿見せたくない」
本当に骨に皮とはこのことか。
後、私は何を聞き出せばいいんでしょうか?あなたから。
何か話したいことがあったら今、今言ってください。
[PR]
by sillycon76 | 2012-01-14 09:32 | Comments(0)

何かとツマラナイものに執着をしてしまうBlog中毒者


by sillycon76