ブログトップ

sillycon76

ピアノがきた

早くて自分の還暦、遅くて10年後の自分の誕生日会でライブを行いたい。
ライブでは3曲ピアノを弾きながら歌いたい。
↑ これは色々目標を立てて生きてきた私が最新立てた目標だ。

そんなことで夫が誕生日プレゼントに見て回ったピアノ。
「と」も知らない私はもしかして・・・・・と自信がなかったので「 リサイクルでみつけていいよ。5000円以上は払いたくない」と夫に頼んでおいた。
それが見つかったんだ。本当に4000円のピアノが。夫は大きい!と言っていたが、ピアノにサイズがあるの?と言い張る私は買うことに決めた。なんと送料もキャンペーンで1000円で来れる。ちょうど5000円の心の負担のない価額のピアノを手に入れることになった。

私が富士山から下りてくる土曜日の朝のデリバリとなり、富士山を下りきった須走り口でお届けの電話をいただく。やった!!
家についてみると、このピアノ ホンマに巨大サイズ。普通の電子ピアノにみえたのに・・・・・・
夫は「ノーコメント」で出かけてしまった。
色々考えてもこの巨大な図体をリビングに置いて置く訳にはいかない。
「もしお隣さんがもらってくれないなら(小さい子供がいる)、このまま粗大ゴミに電話するね。お金の無駄をしたのはごめんなさい。もう2度とピアノのことは言わない」と夫に言った。

そして一日を置いていろいろ模様変わりを考えて、日曜日の朝、家具を動かしてピアノの居場所を作ってみた。そうしたらそれがま~わるくない。
「ごめんね、しばらくはこのまま我慢して」
そして昨日はピアノで弾ける洋楽・ディズニーソングなどの楽譜を買ってきた。
次女が弾く「イマジンやカントリー・ロード」はそれなりに聞こえるのに、私が弾くと全然リズムがない。
こんなことだろうと分かっていたので練習するしかないけど、無知な私に何ができるんだということになる。

f0219525_893084.jpg

[PR]
Commented at 2014-08-10 12:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by sillycon76 | 2014-08-08 08:15 | Comments(1)

何かとツマラナイものに執着をしてしまうBlog中毒者