さんぽかい

久しぶりに晴天の日曜日、まだ和田さんたちのグループにまぎれて山を歩くことに。
今回は「棒の嶺ハイキング計画書」たるものが家まで送られてきた。こと細かく時間とか歩く距離が書いてある。みなさんの準備のすごさを改めて知った。 最初は飯能からバスに乗って行く予定だったが、(皆さんは地元より、私は飯能駅で会う事に)。前日突然立川駅で青梅線に乗るので電車の一番前の車両に乗るように!!と言われた。(私が一番不安な落ちあわせのパタンだ)
皆さんは6時48分に立川に着いて6時52分の青梅行きの電車に乗り換えるそうだ。私は6時52分の青梅行き電車の一番前の車両に乗れば全て万歳!!でも何だか不安。

4時30分月と星を見て起床、化粧をして、サンドイッチを作ってさてと5時20分には家を出た。予定していた電車より一本早めのに乗って立川へ。6時10分ころ到着してのんびり待つ。その間「もう着いてますので心配なく来てください。一番前に乗りました。」とショートメールを送った。返事はなく時間になっても電車に乗る人は誰もいない。6時51分30秒が過ぎただろうか、それでも誰も、メールもなく、これまで本を読んでのんきに待っていた私は不安になり「引き返すならここだ!」と、思い電車を飛び降りてしまった。

和田さんたちより20年ほど若い私はネットに慣れていて(?)、約束の時間に近くなると携帯を気にしてチラ見したり、電話よりはメールなどの手段での連絡を好む。
どちらかと言えば和田さんは透き通る声で電話をかけてきて説明をしたがる。
この2人が早朝ずれた!!

立川駅ホームに立った私は電話をかけた和田さんは予定の電車に乗って後ろの車両から前の車両に歩いて来ていたらしい。 みなさんは時刻通り電車に乗ってから熟睡、立川ではホームを変えての乗り換えとなったため8人が右往左往、前も後ろもなく電車に乗ったのがギリギリの時間だったとか。
とにかくやっちゃった私は直ぐ次の電車に乗った、立川7時5分発のに。あせりと興奮でいっぱいの和田さんから電話がかかってくる、とにかく前に乗って下りるように!(和田さんたちが乗った電車は10両、私のは4両編成)。まだ電話が!!時間がずれてバスに間に合わないかも知れないからその時はみなさんは予定通りに行って私たちは2人で高尾山でも登ろう!など。など電話が4回もかかってきた。和田さんの声は隣の人も聞こえるくらい大きい、小さく「はい、はい」と返事をする私の返事はメールで。(現代子なんだね)

それが運よく私の乗った電車が青梅駅から乗り換える電車に間に合った、ホームを変えることなく皆さんが席を取って待ってくれている次の電車に乗れた!!(笑)「これまでのパニックはなんだ??」

ハプニングはあっても予定した電車とバスで山のふもとまで行くことができた。そこはまだ東京都だったらしくみなさんバス料金はだだ(老人優遇)。ビール一杯分のお金が浮いたことで嬉しいの何の!!

バスから降りて点呼をして、自己紹介をして、簡単な体操をして、洋服を調えての出発だ!!もちろん時刻の記載を忘れない!!
[PR]
by sillycon76 | 2014-10-19 23:37 | Comments(0)

何かとツマラナイものに執着をしてしまうBlog中毒者


by sillycon76